こんな現状だから 
多少頑張ったところで 何も良くなる実感が持てないのかもしれません。

業務のデジタル化について 最下位(34カ国中)

世界のIT投資マインド・ランキング 最下位(21カ国中)

IoTの理解度 最下位(20カ国中)

起業活動指数 最下位( 18ケ国中)

教育への公的支出 最下位(34カ国中)

大学教育レベル 最下位(49カ国中)

日本人の労働生産性 最下位

平均睡眠時間 最下位

日本企業の社員の「やる気」 最下位

仕事のやりがいを感じている 最下位

世界の仕事満足度調査 最下位

自国に対する誇り 最下位

世界幸福度ランキング 最下位

自分自身に満足している若者 最下位

将来に明るい希望を持っている若者 最下位

有給休暇を使い切るランキング  最下位

日本は「GDP世界第3位」ですが

→ 1人あたりGDPに換算すると先進国最下位(世界第27位)

ITの活用にはじまり、

起業したい人、教育、生産性、睡眠時間、

仕事のやる気・満足度、自国に対する誇り、幸福度まで、

調査対象国や先進国において
すべてにおいて最下位という見事な結果です。

最下位のものをピックアップしたということもありますが、
そういったことを割り引いても、重要項目が軒並み最下位
というのは・・・・さすが先進国自殺率トップなだけあります。

これが今 現在の 日本の現状です。

 
以前の日本は

国家イメージランキング 2007年から4年連続 1位
世界に良い影響を与える国  2012年度 1位
世界競争力ランキング 1989年から1993年 1位

と、世界が認める国でした。

今は、残念ながら
そうではありません。

国家イメージランキング2017年度は4位。
世界に良い影響を与える国 017年度は3位。
世界競争力ランキング 017年度は9位。

かつてのバブル期の凄いぞ世界のニッポンという幻想を
未だに20年以上に引きずっていて
過去の幻想から目を覚ましていない哀れな国の末路?なのでしょうか?

日本人は決して
能力が低いわけではありません。

むしろ、OECDによる国際成人力調査では、

調査項目3分野のうち
読解力、数的思考力の2つで1位をとるなど、

能力的には世界トップレベルであることが証明されています。

しかし、

今の日本人は、仕事にやりがいを感じていないし、
夢や目標を持っていない人がほとんどです。

自信がないから、
やりたいことをやる前から あきらめ、
毎日ガマンして生きている人が多い。

色々な分野で 高い確率で成功できる
能力はあるのに、

I
あきらめてしまう。

あらゆることをあきらめ、
未来への不安ばかり抱えて生きている人が多い

というのが、今の日本人の現状なのかもしれません。

能力があるのに、それを発揮しないのは 
とても残念な事であるし、それでは悲しすぎるし、

希望さえ持てない人が多ければ、

この先、明るい日本を子どもたちに残してあげることも
自分自身の明るい未来も創っていけません。

・・・・・・

この国には何でもある。
本当にいろいろなものがあります。
だが、希望だけがない

村上龍

・・・・・

働いたら罰金    →所得税
買ったら罰金    →消費税
持ったら罰金    →固定資産税
住んだら罰金    →住民税
飲んだら罰金    →酒税
吸ったら罰金    →タバコ税
乗ったら罰金    →自動車税・ガソリン税
入ったら罰金    →入浴税
起業したら罰金   →法人税
死んだら罰金    →相続税
継いでも罰金    →相続税
上げたら罰金    →贈与税
貰っても罰金    →贈与税
生きてるだけで罰金 →住民税
若いと罰金     →年金
老けても罰金    →介護保険料
老いたら罰金    →後期高齢者

・・・・・

信じるという種をまき
諦めないという水をやると
希望という芽がでて
夢という花が咲く

深谷太詞

一度でも諦めたらクセになる。
だから絶対に諦めるな!

マイケル・ジョーダン

・・・・・